家族でインフルエンザになっちゃった!そんな時、便利なスープDELI


インフルエンザ大流行の兆しですね。
いま、しろうさダイニングは,インフルエンザ・パンでミック!です。
それも夫くろうさB型、娘べべうさA型。
誰をどう隔離する?と言う状況。
とにかく、二人とも熱でぐったり。私は仕事に行かなけりゃないし。
どうするの!?と言う状況。

そんな私たちを救ってくれたのが、たまたま年末にコープこうべのめーむ(個別配送)で注文していた
味の素クノールのスープDELI。
御湯を注げばできる!というカップ麺、カップスープ、最近著しい進化を遂げています。
「インスタント食品は添加物が一杯で、体に悪い」というのはもはや偏見ではないでしょうか?
カップ麺は、災害時の非常食でたくさんの命を救ってきました。日清食品えらい!
今回、ホントに私も助かりました。
熱が高くて、お粥ぐらいしかノドを通らなかったけど、そろそろ熱も下がってきたので、ちょっと栄養をつけましょうか・・・なんていう時のメニューを考えるのって
結構、大変じゃないですか!

そんな時は、スープDELIですよ、スープデリ。
べべうさの話しじゃ、パンデリ=パンと一緒に食べる、オニデリ=おにぎりと一緒食べる、チーデリ=チーズと一緒に食べるって言うスタイルがあるそうです。
くろうさもべべうさも、それぞれひとつずつ完食しました。
べべうさに至っちゃあ「美味しかったからもう一回買ってきて~♪」なんていうので、スーパーに走って買ってきました。なんと3つで御買い得セールしているじゃあないですか!
もう、神の助け。

スープデリは、病人食じゃないですから、ホントに色々な味があります。
忙しい朝、毎日ひとつずつなんていうのも素敵かもしれませんね。

まるごと1個分完熟トマトのスープパスタ

サーモンとほうれん草のクリームスープパスタ

デミグラスソースのブラウンシチューパスタ入り
えびとトマトのクリームスープパスタ
えびのクリームチャウダースープパスタ
ポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタ・・・
まだ他にもあるかもしれません。

今回、私たちが食べたのは、ポルチーニ香るきのこのクリームスープパスタです。
美味しい!
しつこくなく、コクがあって、病み上がりでも食べられます。
御味にうるさい、病気療養中かつ慎重なべべうさも、「おいしい」と言って食べていましたから。
自信をもってお勧めします。

このシリーズ、すべてショートパスタが入っているんです。
熱湯を注いで15秒間よく混ぜて、3分間放置して、出来上がり。

「ショートパスタ?お湯でちゃんともどるわけ?」って心配する人もおられるかと思うんですが、
ママーのお湯で1分半で茹で上がる「早ゆでパスタ」っていうのが、あるんです。

2回目に食べたいといわれたときには「食欲出てきているな?」と思ったので,ついでにこれも買ってきて、ちょい足ししました。
ほぼ同じものと思いました。そして、仕上がりもばっちりでした。
ボリュームも出ますので、たっぷり食べたい人にはスープDELIと一緒に常備しておくと便利ですよ。

風邪もインフルエンザも本当に流行ってきましたね。
うちは、流行の最先端をいってしまいましたが、
皆さん、どうぞご自愛くださいませ。

お正月食べ過ぎた方に七草粥―便利な七草粥セットがあります


お正月食べ過ぎちゃった方に

お正月はついつい食べ過ぎてしまいますよね。
私もお正月は必ず帰省するのですが、そこで!必ず食べ過ぎます。
まず、元旦、飛び乗った新幹線で御弁当。
やったー私のお休みが始まった~♪
と、ビール片手に御弁当。
今回は東海道新幹線弁当を頂きました。
東海道新幹線沿線の名物がひとつずつ味わえる美味しい御弁当でした。
ちょうど、1000円、というのも気に入って。
小銭を出す必要も、お釣りをもらう必要もなく、荷物が多い帰省客にはとってもgood!

実家に帰ると、持参のおせち料理で、お正月。
何をするわけでもなく、だらだらと。
でも、とにかく休息になりました。

昔の定めに従って、正月三日おやすみしたら、七日目は七草粥ですよ。
というわけで、今年は、七草粥にチャレンジしました。
風邪を引いたときとか、お鍋の翌日とか、頻繁にお粥は作りますが、七草粥と言うのは,作ったことがない。
春の七草・・・
せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ春の七草ぞ
ということですが、材料そろえるのも大変なので・・・
近くのカルディで買ってきましたよ。
カルディさんって、お餅なんかも売ってるんですね。
お菓子屋さんだと思っていましたが、実はコーヒー屋さんでしょう。
そして、今ではほとんどなんでもあると思っている。

商品名は、
こだま食品株式会社「雑穀・春の七草」

作り方はいたって簡単。


1ℓの無図に雑穀を入れて中火で15分ほど煮ます。


雑穀が煮えたら、ご飯を茶碗で軽く2膳分くらい入れます。5分くらい吹き零れないように弱火で煮ます。
私は、雑穀感を出したかったので、家にあった雑穀パックをちょい足ししました。
ですから、黒米から色が出て、全体が赤く色づいています。


最後に火を止めて添付の春の七草を入れてよく混ぜます。直ぐに戻ります。
御好みで塩を入れます。

べべうさも喜んで食べていました。
簡単ですし、季節感を楽しめますし、買ってよかったなって思いました。

お正月、食べ過ぎてしまったら・・・ダイエット!と テレビ・雑誌・SNSはすぐに発信しますが、
酷使してしまった胃腸を休ませる・・・という体への思いやりも持ち合わせたいですね。
七草粥、よかったです。

おせち料理の凄いところ


あけましておめでとうございます。
2018年も,皆様にとりまして穏やかで良い年でありますように!

始まりましたね。新しい年。
お正月はおせち料理たべましたか?
年齢を重ねるごとに、おせち料理の良さが分かってきます。
アルバイト先の大学生女子と話しをしていたんですが、やっぱり同じようなことを言っていました。
子どもの頃は、おせち料理なんか見向きもしなかったし、食べられるものがほとんどなかったんだけど、
最近では、おばあちゃんとお母さんが一緒に作ってくれるおせち料理が楽しみなんだとか。
そして、最近覚えた日本酒の熱燗が止められない!
おせち料理に日本酒、最高ですっ!
・・・だそうです。

へーっ。女子大生も日本酒熱燗ですか・・・
と思いましたが、
日本料理の味が20代越えたあたりから分かってくるっていうのは、あるあるですね。

おせち料理のいいところは、(私にとって)、作ったら3日間ぐらいは料理しなくて良いところ、です。
3日間はおやすみです。
お正月は昔から三日は、御洗濯しない、買い物はしない、お金も使わない、包丁使わない、御料理もしない・・・とされていました。
おせち料理は、そのための御料理でした。
ところが、今はすっかり様子が変わりましたね。
お店もどこも開いていて、何でも買えるし、その気になれば御料理も・・・と言う感じですので、おせち料理を作る必要性がほとんどないわけです。

でも、昔のしきたりにしたがっておせちを作っておくと、3日間はお料理しなくっていいです。
それが、忙しい主婦にはとっても嬉しい。忙しい主婦にも、お正月は本当に休みが与えられるのです。
おせち料理、ワンだふる!!(今年は戌年)

まあ、私はおせち料理はそんなに凝った物は作れません。
黒豆、田作り、栗きんとん、伊達巻き、なます、御煮しめ、そして御雑煮くらいです。
あと、かまぼこ、昆布巻きなどを買ってきて、重箱につめつめして、終了。
それでも、お正月の3日間楽できました。
そして、ついでに残ったのは御弁当に入れて、随分重宝いたしました。
お弁当も、毎日ハンバーグとか冷凍食品だと、ウッってきますけど、和食ってホントに便利ですね。
ちょこっと黒豆とか、ちょこっと田作りなんてあると、ほっこりします。
お正月が終わっても、ちょっと作りおきしておくと便利かな、なんて思っています。

さあ、今年も、ちょっとした知恵と工夫で、お財布にも体にも優しい食事を今年もめざします!
どうぞ宜しくお願いします。

マツコの知らない世界で注目!塩レモンパスタソース


マツコの知らない世界で取り上げられたカルディの塩レモンパスタソース
テレビで放映されると、翌日、お店の棚から商品が消える・・・
と言う現象は、相変わらず続いていますよね。
あんなにたくさん、普通に並んでいたのに!
カルディの塩レモンパスタソースが消えました。
それも、消えてからなかなか復活しない。
行っても、行っても・・・品切れ。

しかし!先日ついにゲットしました。
もう、「幻の塩レモンパスタソース」って言っても大げさじゃないかも、と勝手に思っています。

以前にも、この塩レモンパスタソースは、食べたことがあったのですが、今回、マツコの知らない世界で取り上げられたとおり、サバ缶と一緒にパスタにあえて食べてみました。

うん、確かにとっても美味しかったです。

マツコは「サバいらないじゃない?」と言っていましたが、私はサバがあったほうがボリュウムの上でも、栄養価の上でもいいと思います。
マツコさん,カニ嫌いだし(ピザの宣伝による)、
きっと魚介類がお嫌いなんでしょうね。
サバが入ることで、ソースの味がやや弱くなりますので、お好みでさらにレモン汁をたらすと美味しいです。
私は、酸っぱいのが食べたかったので、ポッカレモンをたらして食べました。

ちなみに、今回は、カッペリーニ(髪の毛という意味)という細いパスタを使って作りました。
カッペリーニは今回の塩レモンパスタソースにはぴったりです。
オイルが良く絡みますし、レモンの味が冴えます。
茹で時間も3分ほどで短いので、夏場にはお勧めです。
冷製のパスタ、今回のようなオイル系のパスタには、カッペリーニはとってもいいですよ。
ぜひ、他にもいろいろ試してみて下さい。

食べてみると、「これ、わざわざ順番待ちして、パスタソース買わなくたって、塩とレモンとオイル混ぜたらできるんじゃない?」って思ったんですけど、原材料をみると、結構、複雑なんですね。
魚醤とかガーリックエキスとか・・・いろいろ書いてあります。

ってことで、この塩レモンパスタソースとサバの缶詰さえ用意しておけば、ちゃちゃっとできてしまうので、やっぱり常備しておくべきでしょう。
作り方は、超簡単です。
でも、常備して置けるようになるまで、かなり、順番待ちしないとむりやわ。

サバの塩レモンパスタ(2人分)

カッペリーニ  200g
オリーブオイル 大さじ2
サバ缶(水煮) 1缶
塩レモンパスタソース 2袋

1.たっぷりのお湯でカッペリーニを茹でる。茹ですぎるとやわらかくなりすぎるので、ゆで時間に注意!
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で加熱、サバの缶詰を開けて細かく砕き、塩レモンパスタソースを入れる。
3.茹で上がった麺を入れてよく混ぜて、盛り付ける。

楽しいUVレジン―タカラネイルは品揃え豊富です

春休みに、娘・べべうさ近くの手芸屋さんで体験したUVレジン。
今、ますます流行の兆しが。
最近私が気にしているせいなのかわかりませんが、あちらこちらで、UVレジンの材料が置いてあるのをみかけます。
100均にまでUVレジン液が!・・・あったりします。

というわけで、我が家もついに購入してしまいました。
あれこれ探したのですが、楽天のタカラネイルさんでUVレジンスタートキットを購入しました。
何といっても安いのと、そして、スタートキットにふさわしく、色々入っていて、到着したその日から作って遊べちゃいました。ホントにとってもいいキットです。
翌日、遊びに来た中学生女子が「あっ!UVレジンがある~」といって早速作って遊んでいました。
大人から、こどもまでみんなで楽しめますね。

私が思うに、UVレジンの良い所は
1.失敗がないところ
何層に重ねても、重ねたようには見えません。透明感のある綺麗な仕上がりになります。

2.簡単
お好みのフレームを購入して、液を流すだけですから、誰でもできます。

3.バリエーションが豊富
凝ろうと思えば、限りなく凝れます。(それだけ材料費はかさみますが・・・)
先日、近くの手芸屋さんで話していたら、これははまると限りなくお金がかかるんですよ、と言われました。
そうかもしれません。

4.プレゼントに出来る!
手作りのプレゼントって、なかなか腕に自信がないと出来ないものが多いです。
でも、UVレジンの作品は珍しいし、綺麗にできるので、ちょっとしたプレゼントにはよいと思います。

タカラネイルさんで購入したスタートキット(梅)は本当に十分です。

近所の手芸屋さんではUVライトだけで、4000円程でした。
それが、なんと、タカラネイルさんでは1000円。
(もちろん、性能はちがうのかもしれませんが。でも、我が家では十分です)
スタートキットには、
UVライト、レジン液、ラメ(12色)、ミール皿チャーム(大小あわせて11個)、フェイクスエード、ボールチェーン、バチカン5個、ボールチェーンコネクター10個、ウッドスティック5本、デコレーションシール3シート×2枚
これで、2880円(税込み)、送料無料!
UVレジンしようかな?と思う方は、タカラネイルさん、お勧めです。
ネイル屋さんなので、いろんなものが置いてあります。
見るだけでも楽しいです♪