アレは何? 紙粘土のエッグスタンド

ブログの写真をご覧になった方から、あのにわとりは何ですか?というご質問を頂きました。
アレはですねえ、べべうさが幼稚園の年長の時に作った紙粘土工作のエッグスタンドです。
べべうさ本人は,「上手くできなかったからキライ」と言っていますが,
私は,「いいじゃない,かわいいよ」と言ってニスを塗って,食卓の上において,実際に使っています。
ですから,テーブルで写真撮影をするたびに、ちょろりちょろりと,写ってしまうんですね。
今日は、主役として撮影いたしました!

子どもが小さい時に,こういうのを作っておいてよかったなって思います。
もう、こういう味の作品は出てこないでしょうね。
唯一無二のキッチンツールになりました。

このニワトリは、どこにでもある紙粘土(軽くないやつ)で作りました。
普通に水彩絵の具で色付をして、よく乾かしてニスを塗りました。
直接口に入るわけではないので、私は余り気にしませんでしたが,気になる方は,ドイツのリボス社の天然塗料など,口に入っても大丈夫な塗料もありますよ。

ドイツ:リボス社はこちら
http://www.livos-jp.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です