豆花(トーファ)―素朴な台湾スイーツを手作りで

ゴールデンウィークで海外にお出かけ・・・なんて人も多いかと思います。
いいな!
少しでも、ゴールデンな海外気分を味わってもらおう!と思い、
今日は台湾スイーツを作ってみました。
豆花(トーファ)です。
台湾とか東南アジアに行くと、やたら屋台がいっぱい出ていて、そこでご飯やらスイーツやら色々楽しめるのが醍醐味ですが、

この豆花(トーファ)は台湾スイーツの代表的なもので、豆乳で作ったぷるっとした食感が特徴です。
素朴で、やさしいお味です。
まあいわば、豆乳プリン+黒蜜がけ+人気のスーパーフードクコの実・・・というところでしょうか。
以前、食べたことがあるのを思い出して再現してみました。
作り方はいたって簡単ですよ。
ご自宅で、お休みを過ごされる方は、ぜひ、作ってみてください!
きっと、家族にも喜ばれるますよ。

豆花(3人分)
1.ぜライス 1袋を水60ccの中に振り入れて、ふやかす。
ポイント:5gで300ccまで固められる、と書いてありますが、それだと固くて豆花のプルプル名感じになりません。だから、ちょいとお水を増やします。全体で360ccくらいがちょうどいいです。
2.豆乳(成分無調整)300ccを鍋に入れ温め、砂糖30gを溶かします。
3.沸騰する直前に火をとめて、1のゼラチンを入れて、完全に溶かす。
4.粗熱がとれたら、器にいれて冷やします。
5.黒糖蜜をかけて、水でふやかしたクコの実を添えて、召し上がれ!

気分はすっかり台湾です♪
珍しいので、来客やおもてなしにも喜ばれると思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です