にんじんしりしり―冷蔵庫ににんじんしかない!という時に

ゴールデンウィークが始まりましたね。
今日は、お出かけされた方も多いかもしれません。
うちは、ちょっと季節はずれですが、お墓参りに行って来ました。
お出かけは楽しいのですが、普段、溜まりにたまった家事をほったらかして、家族と出かけると、夕方はえらいことになります。こういう経験をしているのは、私だけ?ではないでしょう。
洗濯物のやま、家の中はちらかりっぱ、冷蔵庫空っぽ。

家の中のほこりと散かりは目をつぶって頂くとしても、夕飯はがまんしてね・・・と言うわけにはいかない。
今日、我が家の冷蔵庫のには、にんじんしかないという、大ピンチの状態でした。
・・・で、できたのが、にんじんしりしり、です。

これは沖縄の家庭料理らしいのですが、西宮市の学校給食にもときどき出てきます。
べべうさはしらない、っていうのですが、献立表には「にんじんしりしり」って書いてある。
最初見たときに、余りに印象的だったので、にんじんしりしりって何だろう、って思って調べてみたんです。
そうしたら、どうも沖縄の家庭料理だということが分かってきました。

にんじんを千本切りにします。スライサーを使うとめっちゃ簡単です。
私はいつもスライサーでしゃかしゃかしゃか・・・とやります。(手を切らないように気をつけてくださいね)
どうもこの音が、にんじんしりしりの語源になっているようです。
そして、サラダオイルかごま油で、じゃあーっと炒めて、
お砂糖と醤油で味を調えます。
とっても簡単です。そして、結構美味しい。ごはんのおかずにぴったりです。
ひとり一本ぐらいは、にんじん食べられちゃいますよ!
ゴマを振ってありますが、家によっては、これにたまごとかツナ缶とかが入るらしいです。
こんな、ピンチはあんまりあってはいけないですが、にんじんしかない!と言うときには、ちょっと思い出して作ってみてください。

以上、今日の大ピンチを救ってくれた「にんじんしりしり」でした。

追伸:くろうさとべべうさの冷たい視線をうけながら、
私は、今日はタバスコをかけて食べました。
舌がしりしりしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です