インスタントな柚子大根

以前、それも独身でひとり暮らしをしていたとき、近所のおばさんに教えていた柚子大根。
最初食べた時、びっくりしました。そして、感動しました。甘い大根のお漬物だったんです。
そして、作り方も教えて頂きました。
私の母の実家は秋田で、漬物は「がっこ」といいまして(有名なのはいぶりがっこ)、
いろいろな種類がありましたが、
実家の食卓に並ぶ漬物は、全部しょっぱいものと決まっていました。
だから、その近所の人から頂いた柚子大根を食べた時、ほんとにびっくりしました。

もうかれこれ、20年以上も前の話ですからね。
今ではスーパーでお砂糖がたっぷり入った甘いお漬物は、どこでも売っていて、驚くほどのものではありませんが、そんなわけあって、私には柚子大根は特別な忘れがたい漬物なのです。

作り方も色々と工夫してきました。
そして、今、くろうさとべべうさがはまっている、柚子茶を使っても柚子大根が簡単に作れるということがわかりました。

写真に写っているでっかいビンが、1kg入りの柚子茶の大瓶です。
これなら、ドンとこーい!と言う感じで、飲むだけでなく、料理にも使ってみようかな、と思えてきます。
原産国は韓国です。
ちょっと、とろみあります。
ジャムとして食べられる固さです。

大根を拍子切りにして、全体に塩をまぶして、塩が溶けてちょっとしんなりしたら水分を切って、
柚子茶を絡めるだけです。
ぱりぱりとした大根の食感を楽しみたいのなら、直ぐに食べられます。
しんなり、しっかり漬かった感じがよければ、一晩置いてください。
味はお好みですが、スタンダード?と思われる分量を記しておきますので、参考になさって下さい。

インスタントな柚子大根(小ぶりの大根3分の1本分)

大根  400~500グラム
塩   小さじ1
柚子茶  大さじ3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です