チーズの王様!ザネッティ パルミジャーノ・レッジャーノ


私、牛乳が苦手なんです。
学校給食で飲みすぎたのか、料理には使うことはあっても、牛乳をそのまま飲むってことはまったくないです。
骨粗しょう症が気になる?

そうよ、この年(4度目の年女)になってくると、気になりますよね。
で、もう5,6年前かな、健康診断で、かかとの部分の骨量を調べるという、一般的な検査をして頂きました。
その結果が、検査した人も驚いてましたけど、20歳の人の120%の骨量って言うことで、全然問題なかった!
牛乳を飲まなくっても大丈夫みたいですよ。
(でも、お食事は好き嫌いなく、バランスよく食べましょう!)

牛乳を飲まない代わりに、私がよく食べるのは、チーズ。
色んな、チーズを食べますが、中でも良く食べるのは、イタリアのザネッティ、パルミジャーノ・レッジャーノ。
これは、カルシウムをたっぷり取れる食品のひとつらしいです。
ちょっと高いお品ですが、買って後悔はしない食品です。

パルミジャーノって、パルメザンチーズのこと?って思われる方もいるでしょう。

パルミジャーノ・レッジャーノは、24ヶ月以上熟成させてDOP(原産地名称保護)の認証を受けなければ、これを名乗ることが出来ません。
それ以外のものは、模倣品として、パルメザンチーズということになります。
ですから、いわゆる粉チーズのパルメザンチーズを、パルミジャーノ・レッジャーノだと思っているのは、間違いです。
パルミジャーノ・レッジャーノは、削っても、削らなくても、パルミジャーノ・レッジャーノなのです!
パスタにかけてよし、グラタンにかけて焼いてよし、生野菜にかけてオリーブオイルをかけて食べれば、そこはイタリア!ってな感じです。

スーパーでよく見かける粉チーズと、パルミジャーノ・レッジャーノをゴリゴリしたやつは、味が全然違います。
(でも、もしかしたら、パルミジャーノ・レッジャーノはチーズくさいから嫌だ、と言う人もいるかもしれない。)
それから、旨味が違います。
パルミジャーノ・レッジャーノをカットすると、中に白いつぶつぶが見えます。
えっ?もしかしてカビ?とか思うかもしれませんが、違います。
旨味成分のアミノ酸の一種です。
じゃりじゃりってしますけど、そこがなんとも美味しいのです。
かめばかむほど、旨味が広がります。
ワインなら、中重口から重口の赤ワインとご一緒がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です