スムージーに添えて栄養価もUP! チアシード

去年、チアシードが流行りましたね。
チアシードは,メキシコや中南米で栽培されている果実の種で,オメガ3脂肪酸と食物繊維が豊富に含むスーパーフードとして注目を浴びました。
今は,ブームはやや過ぎ去った感ががあります。
お店にも,在庫過剰気味と思われる品が,積まれているのを見かけます。
でも,ブームは去っても食品の味と効能は変わりませんから,
私は,地味に食べています。

そう,チアシードは地味な食品です。
スーパーフードと言われていますが,そんなにたくさん食べられるものではありません。
種ですから,ゴマと一緒で,100g食べるなんてことはできませんから,
結果的に,食物繊維も脂肪酸もチアシードだけで,これらを摂取するというのは難しいでしょう。
だから,地味に続けるのがいいかもしれませんね。
友達に「ねえ,チアシード食べてる?」って聞いたら,
「うん,まだたべてるわよ。何に効くかわからないけど…」という答えが返ってきました。
そういう食品だと思います。

味も,香りもほぼありません。
水にもどすと10倍くらいに膨らみますが,もどした時の食感に特徴があります。
ぬるぬるっとして、ぷちぷちとしています。
見た目はまるで「カエルのたまご」です。
白いのと黒いのがありますが,栄養価は同じです。
見た目の問題で,黒いのはホントに「カエルのたまご」みたいなので,黒いのから白い種だけを栽培したのを「ホワイトチアシード」として売っているそうです。
ただ、より栄養価の高い「サルバチア」という品種もあります。
これは,色が白いです。

私は、毎日のスムージーに添えて食べています。
前の晩に,いつも主人・くろうさがスプーンで一杯を水でもどしておいてくれるので,それを出来たスムージーに「でろりん」と入れて,スプーンで混ぜて食べています。

味も香りもないので,完全にスムージーに同化してくれて、
プチプチとした食感を楽しませてくれます。
こういう、「すみっコぐらし」的な食材も大好きです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です