冬のお弁当箱 あったかいご飯がたべられます

やたらたくさんあるしろうさダイニングのお弁当箱ですが、
一番,年季が入っているのがこれ。
多分、2000年頃に購入したので、かれこれ17年も使っているのでしょうか…
今では、あまり珍しくはない保温できるジャータイプのお弁当箱。
「このタイプは、家族全員分がないといけない!」と信じ込んで、
くろうさ・しろうさ・べべうさ3セットあります。。。
三人一緒にお弁当もって出かけることなんて、ほとんどないのにね。

このジャータイプのお弁当セットは、今ではどこでもありますし、
液体をいれても大丈夫なスープジャーまでありますが,
当時はまだまだ珍しかったのです。
いちばん良く使う,しろうさ・べべうさ用はだいぶパッキンのところがヘタって、ふたが開きやすくなってきましたが、まだまだ、現役です!

このジャータイプのお弁当箱の特徴は、
何と言っても、ほかほかのご飯が食べられること。
寒い季節はとっても嬉しいですね。
炊き立てのご飯をジャーに詰めると、お昼まで余裕であったかいです。
寒い冬の朝は、ジャーも冷え切っているので、予め熱湯を注いで、暫くおきます。
そうすると、保温力がアップしていいですよ。

最近では、お弁当を持っていかない家族のジャーを借りてカレーを詰めて、ほかほかのカレーライス!なんてあらわざもしています。

あったかいお弁当のご飯-ほっこりします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です