ブッタネスカ!? へー、初めて聞いた。


プッタネスカっていうパスタ料理、聞いたことありますか?
スパゲッティなら、ミートソース、ナポリタン、
和風なら、たらこのスパゲッティというのが定番でしょうか。
以前イタリアンレストランでバイトをしていたという知り合いの方から、最近、教えて頂きました。
「プッタネスカ」と言うパスタは簡単でおいしい、と。
簡単!と言う言葉にぴくりと反応。
「トマト缶とオリーブとアンチョビを入れて、がーっと混ぜるだけよ。」

それで美味しいのか?と言う疑問を抱きながらも、出勤前の慌しい昼に急いで作ってみました。
なるほど・・・確かに簡単で、おいしい。
プッタネスカというのは、「娼婦風のパスタ」というすごい意味だそうです。
この不思議な名前の由来にも諸説あって、
「昼食時にも忙しい娼婦が、海のものと畑のものを混ぜて作ったパスタ」とか、「娼婦が客をもてなすためのパスタ」説、「激務の娼婦が体力を回復するために食べたパスタ」説、「娼婦同様たまに味わえば美味だが、毎日のように食べれば飽きるパスタ」説など…ふんふん、なるほど。

私、娼婦じゃないけど、このところ、お昼のたびに、くろうさと一緒に食べてます。
まだ、あきない。
簡単で、美味しいです。

ブッタネスカ 2~3人前

スパゲッティ 200g
オリーブオイル 大さじ1
鷹のツメ 1本
すりおろしにんにく 小さじ2
アンチョビペースト 小さじ2
トマト缶 1缶
黒オリーブ 種入り 16粒

フライパンにオリーブオイルを入れ、弱火でにんにくと鷹の爪を炒めます。
そこに、アンチョビペースト、トマト缶、黒オリーブを次々入れて、5分くらい煮詰めます。

アンチョビとオリーブはかなり塩気が強いので、あえて塩は入れません。(お好みでどうぞ)
トマトの酸味が気になる方は、ざらめ(お砂糖でもOK)をティスプーン1杯入れると食べやすくなります。

お好みで、ツナ缶とか、ケッパーを入れるとかなり美味しい。
それから、パルメザンチーズたっぷりかけても、gooです。
パルメザンチーズは、やっぱり、ザネッティ、パルミジャーノ・レッジャーノで!

ケールのスムージー


ケールのスムージー?って
青汁じゃん?、まずいんじゃないの?とお疑いの方もおられるかと思います。
いえいえ、決してまずくはありません。

ケールはキャベツの原種で、あぶら菜科の植物です。
ほうれん草のようにえぐみがありません。
また、小松菜のように苦くもありません。
キャベツのようでありながら、ブロッコリーの葉っぱの部分のような。
八百屋さんやスーパーではあまり売っていないですよね。
“ケールのスムージー” の続きを読む

市田柿 JAみなみ信州 市田柿工房

香川県出身のお友達から、干し柿を頂きました。
なんでも、ご実家に柿の木があるそうで、たくさんなるので、お家の方が干し柿にするそうです。
多分、その柿はもともと、すっごく大きい柿だったと思うのです、
てっぷりとして、甘~くて…すんごく、美味しい干し柿でした。

それなのに、娘・べべうさも、旦那(くろうさっていうことにしておきましょうか)も、
全然、食べようとしない。
見た目が、どうも、苦手なようです。

表面の白い粉は、柿が持つ甘味が表面で結晶した、ブドウ糖です。
カビではありません!
カプっと一口食べて、中に見える黒い粒粒は、柿の渋(タンニン)とポリフェノールが結晶化したもので、これも無害です。

説得しても、全然、食べないので、結局ひとりで、ぜーんぶ食べちゃいました。
それでも、まだ、食べたかったので、
干し柿、ほしがき、ホシガキ…と探して、見つけました。

市田柿 JAみなみ信州市田柿工房!
コープ神戸のこはい(めーむ)で購入しました。
市田柿は有名ですね。(友達のご実家の柿工房に比べたらずっと有名)
まずまず、美味しかったですが、でもでも、
やっぱり、香川のご実家直送の干し柿に軍配かなぁ

二度と手にはいらない、自然の恵みを日々頂いていることに気づき感謝しました。
めーむの市田柿も、今シーズンは販売終了だそうです。

 

ラ・フロンティエール カップケーキチョコレート


バレンタインが近づいてきましたね。
チョコレート屋さんはフル稼働!でしょうね。
一粒300円もするチョコレートとか、
「これ、こんなに光ってるけど、どうやって色つけているのかしら?」
というような、普段見かけないチョコレートの数々をみることもでき、
楽しいですね。
友達に、家族に、お世話になったちょっとしたお礼に…と
考えるのも楽しいです。
今年は誰にあげようかな。

娘・べべうさが、かわいいチョコレートを買ってきました。
なんでも、自分用だそうで。

ベルギーのラ・フロンティエール カップケーキチョコレート。
外の箱もかわいいですが、中身もとってもかわいい!
「ちょっと、ちょうだ~い」って味見もさせてもらったんですが、
チョコレートの本場ベルギー産ということで、
滑らかで、味もよかったです。
カルディで買ったそうです。

3cm超!厚焼きホットケーキ

うちの娘(長ったらしいので、べべうさと呼ぶことにします)が、大の仲良しの友達の家族と、神戸・三宮にお出かけしました。
私は留守番で。。。
連れて行ってくれた友だちのお母さんのもくろみは、三宮の喫茶店でふかふかのホットケーキを食べることだったらしいのです。
ところが、べべうさのやつ、「えっ~。ホットケーキならいらない。ママのホットケーキ美味しいし、いつでも食べられるから」と、堂々と断ったらしい。。。
きゃー、人の気持ち、ふみにじって!なんてことするの~!!
後日、お友達とお母さんもおうちにご招待して、自家製ホットケーキを囲んでお茶会をしました。

我が家の自慢は、超厚焼き、かつ、ふかふか。
ポイントは2つ。
マヨネーズを入れること!
そして、水分の量を出来るだけ減らすこと。
マヨネーズいれるって? 酸っぱくならないの?
と思いますが、加熱する時に酢はとんでしまって、酢の味はまったくしません。
マヨネーズはほとんど卵と油でできていますが、見事に乳化されているので、これを加えることで、ふかふかさを増します。
また、酢とふくらしこ(重曹)が作用して、より強力に膨らむようになります。
そして、できるだけ水分を少なくすることで、フライパンの上で流れず、厚さを保てます。
表面に小さな泡がぷつぷとと出てきたところでひっくり返して(やや早め)、もう一度、裏からも焼いて2度膨らますような感じです。
そいでもって、またまた、いろんな香辛料がはいってます。
そこは、お好みで好きなお味を見つけてね。

超厚焼きふかふかのホットケーキ 材料(2枚分)
薄力粉 300g
重曹 小さじ1/2
砂糖 大さじ3
マヨネーズ 20g
卵 1個
牛乳 様子を見ながら80ccぐらい
お好みで、オールスパイス、シナモンパウダー、小麦胚芽(栄養補給的に)

作り方
1.粉類をボールにいれて、泡だて器でよく混ぜておきます。
2.そこに、マヨネーズと卵を入れて、卵からぐりぐりと泡だて器で混ぜ始め、粉を巻き込んでいきます。
3.混ざらないくらい重いので、ちょっとずつ牛乳を入れてのばします。
4.テフロンのフライパンに流して、弱火で焼く。
5.表面に小さな気泡が出てきて、表面が乾く前にひっくり返します。