とっても個性的!ポルチーニらあめん


秋になりました。気候の変化に敏感なしろうさダイニング。
ちょっと涼しくなると、夏とは違うものが食べたくなります。
かわったもの、かわったもの・・・探して出会ったのが、これ。
カルディの「ポルチーニらあめん」
かわってますねぇ。
手にとって見て、袋からかすかに香る香りを嗅いで・・・買ってきました。159円。

ポルチーニはイタリア料理では珍重されるきのこです。
パスタやスープにするらしいですが、培養ができないため、天然モノしかなく、近年の環境破壊の影響で産出量が激減し、非常に貴重なきのこなんだそうです。
そんなきのこが、ラーメンに?
ホンマかいな。

私もポルチーニの生のものは食べたことがないです。
だから、ホンマの味はどんなものなのか分からないです。イタリアに行ったら、絶対食べてみたいです。

さてさて、そのポルチーニらあめん。

うん、本当に個性的なお味でした。
醤油ベースのらあめんスープにポルチーニ(ほんものをしらないから、ポルチーニと思われるバターのようなまったりとした)香り。
これが、ポルチーニの香りかあ、と思いながら頂きました。

麺はいつもの「寒干し」の生めんで、こしのある麺です。
お好みの具材を添えてお召し上がり下さい、ということなんですが、
さりげなく、「生ハムとルッコラがお勧めです」って。
カルディさん、すごいこだわりようですね。
とりあえず、生ハムがあったので、生ハムと炒めレタスを添えてみました。

ちょっと変わった味でした!
いつまで、お店にあるかな?

オトナのためのポテトチップス、パラペーニョポテトチップス

カルディからまた辛いポテトチップスがでました。
パラペーニョポテトチップス。

パラペーニョはメキシカンフーズには欠かせない食材、青唐辛子。
辛いですが、ちょっと青臭いといいますか、すっきりとしたといいますか、独特な風味で美味しい香辛料です。

パッケージは、ガイコツさんもいたりして、なかなか毒々しくて、これからハロウィンもあることですし、活躍できそうな一品ですね。

中身を空けると、一見、何の変哲もない普通のポテトチップス。
K社の○○むーちょみたいに、真っ赤じゃないんです。

しかし、食べてみると、辛い!
一枚目は「あれ、そんなに言うほど辛くないじゃん」です。
あるあるですよね。
一口目だけが、ちゃんと味が分かるんですよ。
辛いものを食べる時は、大体そういう印象で、2枚目からは大変。辛い!!
しかし、これは癖になる。はまります。
ちょっと酸っぱい感じ。かつ、塩味も強いです。

作った人曰く「オトナのためのポテトチップス」だそうです。

これを聞きつけたべべうさが「え、なんですと?私が食べてはいけないのか」と言いだした。
「エッ?食べるの」と目を細めるしろうさ。
袋をあけるなり、飛びついてきました。
そして、例のごとく、ぱくり、そしてまたパクリ。
「う~。辛い。みずみずみず・・・。でもはまるわぁ」
「いわんこっちゃない」と思いましたが、しつこく食べていました。

辛いものって言うのは、クセになるようですね。
こどもの時から、こんなもの食べて大丈夫なのか・・・と時に不安になります。
でも、まあ、暑い季節には、ピリッと辛いものが食べたくなりますよね。
そんな夏もおしまいですね。
ちょっと、さびしい。

夏の締めくくりに、いかがですか?
今なら、ご近所のカルディで売っていますよ。

マツコの知らない世界で注目!塩レモンパスタソース


マツコの知らない世界で取り上げられたカルディの塩レモンパスタソース
テレビで放映されると、翌日、お店の棚から商品が消える・・・
と言う現象は、相変わらず続いていますよね。
あんなにたくさん、普通に並んでいたのに!
カルディの塩レモンパスタソースが消えました。
それも、消えてからなかなか復活しない。
行っても、行っても・・・品切れ。

しかし!先日ついにゲットしました。
もう、「幻の塩レモンパスタソース」って言っても大げさじゃないかも、と勝手に思っています。

以前にも、この塩レモンパスタソースは、食べたことがあったのですが、今回、マツコの知らない世界で取り上げられたとおり、サバ缶と一緒にパスタにあえて食べてみました。

うん、確かにとっても美味しかったです。

マツコは「サバいらないじゃない?」と言っていましたが、私はサバがあったほうがボリュウムの上でも、栄養価の上でもいいと思います。
マツコさん,カニ嫌いだし(ピザの宣伝による)、
きっと魚介類がお嫌いなんでしょうね。
サバが入ることで、ソースの味がやや弱くなりますので、お好みでさらにレモン汁をたらすと美味しいです。
私は、酸っぱいのが食べたかったので、ポッカレモンをたらして食べました。

ちなみに、今回は、カッペリーニ(髪の毛という意味)という細いパスタを使って作りました。
カッペリーニは今回の塩レモンパスタソースにはぴったりです。
オイルが良く絡みますし、レモンの味が冴えます。
茹で時間も3分ほどで短いので、夏場にはお勧めです。
冷製のパスタ、今回のようなオイル系のパスタには、カッペリーニはとってもいいですよ。
ぜひ、他にもいろいろ試してみて下さい。

食べてみると、「これ、わざわざ順番待ちして、パスタソース買わなくたって、塩とレモンとオイル混ぜたらできるんじゃない?」って思ったんですけど、原材料をみると、結構、複雑なんですね。
魚醤とかガーリックエキスとか・・・いろいろ書いてあります。

ってことで、この塩レモンパスタソースとサバの缶詰さえ用意しておけば、ちゃちゃっとできてしまうので、やっぱり常備しておくべきでしょう。
作り方は、超簡単です。
でも、常備して置けるようになるまで、かなり、順番待ちしないとむりやわ。

サバの塩レモンパスタ(2人分)

カッペリーニ  200g
オリーブオイル 大さじ2
サバ缶(水煮) 1缶
塩レモンパスタソース 2袋

1.たっぷりのお湯でカッペリーニを茹でる。茹ですぎるとやわらかくなりすぎるので、ゆで時間に注意!
2.フライパンにオリーブオイルを入れ、中火で加熱、サバの缶詰を開けて細かく砕き、塩レモンパスタソースを入れる。
3.茹で上がった麺を入れてよく混ぜて、盛り付ける。

カルディの「花椒香る汁なし坦坦麺(カップ)」が美味しい!


みなさま、書中お見舞い申し上げます。
本当に、毎日暑いですね。

夏休みに突入して、一日三食のメニューを考えるのが大変,と言う方も多いのではないでしょうか。
お仕事されているからは、毎日、戦いですよね。
職場の同僚も、「もう、毎日ご飯作るのがいやー!」とほぼ叫び声を上げております。

我が家では、また、辛いものが食べたい・・・にスイッチが入りつつあります。
暑さのせいでしょうか?
タイ料理、韓国料理、四川中華、メキシカン・・・
暑い国のお料理に辛いものが多いのは、やはり体が欲するからなのでしょうか?
日本も、温帯気候から、亜熱帯気候に移行したのではないか,と思われる昨今。
亜熱帯地方のお料理が恋しくなるのも,自然なことなのかもしれません。
というわけで、からいもの、からいもの・・・

カルディで新しいカップめんを見つけました。
「花椒が香る汁なし坦坦麺」です。
珍しい,ショッキングピンクのパッケージで目立ちます。

熱湯を注いで4分。麺は太くて平らな麺です。
湯きりをしてから、付属の粉末とソースを全体に混ぜます。
混ぜているときからすでに、げっほげっほ・・・と咳き込むような辛味成分が立ち上ります。

お味は、確か似に辛い。
花椒(ホワジャー)の香りがほんわりとします。
そして、辛い唐辛子の辛さだけではなくて、山椒のぴりぴりとしびれる辛さが後にのこります。
一応、坦坦麺なので、お肉の小さな塊も入っていて、ボリュウムもあります。

べべうさも「食べたーい」というので、試食。
一本食べてはお茶を飲み、しかし、また一本食べてはお茶を飲み・・・
しかし、それでもしつこく次を食べる。
はまっていました。

くろうさは、箸でたっぷりとって「がぶり・・・ずるずる、がぶり・・・ずるる」

辛くないの?と聞きましたら、そんなに辛くないよ、とのコメント。
「暑さのせいで、おかしくなったんじゃないの?」としろうさ、べべうさから猛攻撃を受けていましたが、
平然と食べ続けていました。
今の季節にぴったりの快適な辛さのようですよ。

汁なし坦坦麺は限定商品らしいです。
確かに、暑い季節にぴったりの食べ物です。
カルディに行ったらチェックしましょう。

韓国の伝統料理が味わえるカルディのサムゲタン

サムゲタンってご存じですか?
韓国の伝統料理で、大変栄養価の高いスープです。

以前、長いことお世話になっていた漢方専門の内科で頂いたニュースレターに冷え性にいい食べ物ということで紹介されていました。
鶏肉と餅米、高麗人参などを煮込んで作る韓国の伝統料理なんですが、自分で全部材料を揃えて作るのも面倒だよね、、、ということで終わっていました。
そうしたら、なんとカルディにおいてありました。
あそこは何でもありますね。

サムゲタンは、寒い冬に食べるものだと思っていましたが、本場韓国では夏に食べるものなのだそうです。夏に冷えやすい体を芯から温める食べ物なんだそうです。
なるほどです!

私はもう、何羽食べたか、、、分からないくらいサムゲタンを食べております。
レトルトパウチで、保存料なども無添加で温めるだけ。
優秀な食材です。1パック1080円とちょっと高いかも、と一瞬怯みますが、いやいや、価値ある逸品です。


見た目は、、、ちょっとグロい。ホントに鶏が丸ごと一羽入っています。
このどろどろとしたのは何?という感じですが、これこそがコラーゲン、美肌の材料です。
がパっと鍋に開けて、火を入れると、あっという間に溶けて液体になりますので、ご安心ください。
ちなみに骨も圧力調理済みなので、骨まで、食べられます。
ホントに栄養たっぷりなんです。


なかに入っているには、鶏肉のほか、餅米、高麗人参、クコの実、なつめです。
いずれも、漢方では滋養が高く体を温める食材とされています。
一パックで、3人分はゆうにあります。
量を増やしたい、ボリュームをアップさせたい場合には、焼きもちを入れると、これひとつでお腹いっぱいになります。

これからのシーズン、冷房で冷えた体を芯から温めるのにいいですね。
購入は、カルディさんで。
店舗で購入するのもいいですが、重たいので通販での購入もありかと思います。