アサヒ軽金属の圧力なべ活用歴19年の主婦、「買ってまちがいなし!」

アサヒ軽金属と言う会社

最近、とってもメジャーになったアサヒ軽金属、と言う会社。ご存知の方も多いのでは?
あっちこっちで宣伝を見るようになり「おっ、がんばってる!」と思って、心ひそかに喜んでいます。
アサヒ軽金属は大阪の会社です。
大阪、いやいや、日本が誇る立派な中小企業のひとつだと、私・しろうさは思っています。
製品ひとつひとつがすばらしい!
なんで、そこまで言う?って
それはもう20年来のおつきあいなので。

しろうさダイニングにある最古のアサヒ軽金属の商品は、こちら。

活力なべです。
現在売り出し中のゼロ活力なべの前の形です。
でも、未だに現役でほぼ毎日、使っていますよ。
(ご飯を炊くときにつかうのです。錘がゆれてから1分で焚けます。寝坊してもすぐご飯が出来ます。)
この活力なべなしの、生活は考えられません。
・・・No 活力なべ, no life! ・・・

19年も使っていますが、メンテナンスもちゃんとしてくれるんです。
鍋の中だって、ほら。

ぴっかぴかですよ。

パッキンなどは消耗品で,安全に使う為に,定期的に交換していますが、
10年くらい経ったある時、アサヒ軽金さんから連絡があって、
「お客様、随分長いこと使ってらっしゃいますので、こちらで安全点検いたしますので、鍋をお送り下さい」
「え~っ?」

こんなの初めてでした。
長いこと使えるように設計されてもいるし、商品に対する愛を感じました。
この会社、すごいなーって思いました。
検査の結果、問題もなく、おかげさまで19年安全に使っております。
ありがとうございます!

アサヒ軽金属

活力なべ

これはもう古いタイプの鍋になりましたが、それでも素晴らしい性能です。
1.45気圧で加圧調理できる、当時は世界最高圧の圧力鍋でした。

私が買ったのは、玄米を食べてみたいという動機からでした。
玄米食を教えてくれた人は、玄米を美味しく食べる食べには、どうしても圧力鍋が必要ということで圧力鍋を探していました、
当時、私はまだ独り者で、調理器具も十分にそろっていなかったので、いろいろ調べて結果の購入でした。
買った当初から、「これはいい買いモンしたわ」と思っていましたが、その思いは、使えば使うほど深まっていきました。

ざらっと、思いつくまま書きますが、

1.玄米がふっくらもちもちに炊ける
2.白米は加圧から1分で炊ける
3.古いお米・安い複数原料米のようなお米であったとしても、むっちゃ美味しく炊ける
4.調理時間が少なくて済む
5.寝坊した朝でも、あっという間にご飯が炊ける
6.調理時間が少ないので、ガス代が著しく節約できる
7.素材の味が楽しめて薄味で調理できる
8.大豆・黒豆など本来やたら時間がかかるものも手軽にできる
9.骨まで食べられる魚料理を家で簡単に作れる
10.普通ならチャレンジしない鯉こく、サバの味噌煮なども、チャレンジしたくなる
11.肉料理もびっくりするほどやわらかく煮ることができる
12.離乳食や流動食など、スープづくりり便利
13.おせち料理を作るときにとっても便利(あっというまにできるから)
・・・

これだけあれば、じゅうぶんでしょ。
まだありそうな気もしますが、また追々、ご紹介させて頂きます!

入門は、カレーです。
初めて作ったとき感動しましたぁ。
早い、美味しい、なんだか、ちがう料理みたい!
同じ要領で、ビーフシチューもいいですよ。

野菜と肉を切って油で炒めて、水をカップ1だけ入れます。

圧力をHに設定して、錘が触れてから1分加圧します。
その後は放置。

圧力がなくなったら、ふたを開けてカレールーを入れます。
水がどこからともなくでてくるのでそれで十分ですが、まあ、適当に水は増やして調節して下さい。

お肉がとろとろで、スプーンでほっくりと割れます。とっても美味しいです。
そして、野菜がなぜか驚くほど甘い。

活力なべ、おすすめです!